Blog


2016.07.16 上棟式
雨降って地固まる。雨上がりの上棟式。

 

 

 

 

 

 

 

 
2016.07.05 屋根木造工事
本日、屋根の木造の垂木の工事。いよいよ16日は上棟式です。

 

 

 
2016.06.29 木造建て方
コンクリートの基壇の上に木造が立ち上がってきています。

 
2016.06.17 コンクリート構造体完成
2016.03.05 基礎配筋まで完了
 

 

 
2016.02.18 基礎工事が始まりました
重機も入って今週のスケジュールはこの通り
2015.11.27 地鎮祭
弊社・東京事務所(さいたま市大宮)は、先にボーリング調査なども終え、11月吉日に地鎮祭を行いました。年が明けいよいよ着工の運びとなりますが、2016年は、皆さまにお披露目できる日を心待ちにして、より一層業務に邁進する一年となります!

 

 
2015.10.吉日
東京事務所の設計をお願いした無有建築工房・竹原 義二先生(右)と弊社代表取締役・平尾 和眞
大阪北新地「古径」にて会談
2014.4.16 第20回 日経BP環境広告賞 受賞
イメージ広告ではなく製品を通じて環境保全に取り組むプラネットジャパンの企業姿勢が評価され「環境広告賞」に選ばれました

審査委員長講評より抜粋
恩藏 直人氏 早稲田大学 商学学術院 教授
日経BP 広告賞は1995 年の第1 回の審査に始まり、2014年の今回の審査で20回という大きな節目を迎えた。これまで本広告賞では、多くの企業を表彰させていただいてきているが、今年は節目の年にふさわしい優れた作品が多数集まり、審査に携わった私たちにとって、大変嬉しくまた素晴らしいことと感じている。さて、最終審査会は2 月12 日に実施された。40 タイトルを超える雑誌を刊行しており、我が国を代表する日経BP 社の広告ということもあり、各部門を代表する広告はいずれも秀逸で、そこから広告大賞、最優秀専門広告賞、環境広告賞を選出するという審査は困難を極めた。それでも、各委員が納得のゆくまで議論を重ね、以下のように各賞を決定させていただいたことをご報告したい(中略)環境広告賞は「プラネットジャパン」が受賞した。100%植物油とワックスを原料とした純・自然塗料「プラネットカラー」の広告であるが、実際に商品が使用された建造物を大きく映し出し、木材を長期間にわたって利用することを通じて、環境への配慮を訴えている。環境という課題に対して、新しい視点を私たちにもたらしてくれている点が評価された。
最終審査委員講評より抜粋
田中 芳夫氏 東京理科大学大学院 教授
環境広告賞を受賞したプラネットジャパンは、塗料という一般の人には目に触れるものでないものを丁寧にしかも100%自然というキーワードで思わず読ませてしまうことで印象づける訴求力を持ったものであり、うまい作品だと言える。また、シリーズの2 作品の一方が和風の木造建築、もう一方が洋風の建築の中にうまく塗料が使われていることを理解させられ、まさに環境広告賞にふさわしい。

このたびの平成28年熊本地震により
被害に遭われた地域の皆様におかれましては
心よりお見舞い申しあげますとともに
一日も早い復旧をお祈り申しあげます。

News

2016/12/14 冬季休暇のお知らせ

 
期間 
12月28日(水)〜1月9日(月・振替休日)
 
通常営業は、2017年1月10日(火)からとなります。
休業前の最終受注は、12月27日(火)の午後3時まで
12月27日(水)の午後3時以降のご注文は1月10日(火)の発送となりますのでご注意ください。
 
ご繁忙の折柄、ご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご了承くださいますよう、またお急ぎのご用件につきましては、お早めにお申し付けくださいますよう重ねてお願い申し上げます。